さらさら

女性画を描いています。

女性画を描いています。ホームページも是非ご覧ください。

女性画

cute_pixiv用
今回取り上げるのは私にとって異色の一枚とも言うべき、2009年制作の「cute」という作品です。私自身にも明確な理由は分からないのですが、いつものようにいつもの自分の絵を描いているつもりなのに、ごく希に他の絵と明らかに雰囲気の違う絵が出来上がる事があります。その違う感じが自分にとってポジティブに感じられる時、結果的に思わぬ発見となり作品の幅を広げる上で一つの前例となります。女の子のはにかんだ表情が描きたかっただけのポートレイト的な絵ですが、お気に入りの一枚でもあります。

border_blog用2
だんだん寒くなってきました。しかしながら、水着絵二連作です。冬だからと水着のモチーフを封印する必要はないのであります。 今回はボーダー模様で視覚的に遊んでみました。 絵を描くにあたっては、単に背景を描く場合など我慢して地道にこなさなければならない作業がどうしてもある訳ですが、丸、三角、四角、直線と言った幾何学的要素を絡めると、作者自身が楽しみながら描けて制作が苦痛でなくなります。また、水着というモチーフは着物ほど守るべき伝統にならう必要も無く、 どんな形のデザインでも、どんな柄でもいい訳で、遊び心を盛り込むには便利なアイテムでもあります。 今回はオーソドックスな形で描いていますが、作者にしてみれば「私がルールだ。」とやり易いモチーフだと思います。

安_loftwork用
今回取り上げるのは新作の、安らかな和の日常を切り取った「 安(あん) 」です。驚くような幸運・吉報が無くとも、日々心穏やかで居られればいい。そんな何も無いしあわせを描いてみました。物事が思うように行かなくて落ち込んだり、健康を損ねたりした時、多くは望まないからもと居た高さまで戻りたいと、普通である事の有り難みを思い出します。この絵を見てくれた人に、ほんのちょっとほっとした気持ちになって貰えたらいいなと思います。大きなサイズはホームページで。

quiet_loftwork用レイアウト変え
今回のテーマは私の作品作りの中にあって一つの大きなテーマ、「エロス」です。女性の艶っぽい魅力を描きたい、私の考える女性像に一人でも共感してもらえたら嬉しいなという思いで制作しています。不快なものにならないようにと思っていますが、肌の露出が多い時点で眉をひそめる方もいらっしゃるでしょうし、男目線による制作でもありどのような感想を持たれるかは見る方の感性にお任せするしかありません。この路線の絵に女性の方から感想を頂けたりすると、少なくともその方にとって不快ではなかったのだなと、作者として喜びを感じます。イラストは2010年作「quiet」。大きなサイズはホームページで。

さらら_loftwork用
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もどうかお時間のある時にお付き合い頂ければと思います。宜しくお願い致します。さて、今年一枚目はちょっと気の早い水着絵「さらら」です。ここのところ制作が「 猫 」づいております。 モチーフの女性だけでなく、画面の中に猫がいる事で新たな空気、何かしらの感情が生まれます。信頼、安心、癒し、愛情、あるいは空気のような無関心。作者の私は女性と猫の関係性に想像を巡らせて楽しみながら描いています。最近の私の中の流行です。

↑このページのトップヘ